香水の基本

【香水の基本】4つの種類

【香水の基本】4つの種類

香水はあなたの印象を大きく左右するファッションアイテム

いざ、購入しようとした商品の名前に「トワレ」「パルファム」などの文字が含まれているのを見たことはないでしょうか。これは、香料の濃度を示した表記です。
なんとなく「人気」「好きな匂い」で選んでしまうと、TPOに合わず逆に不快なイメージを与えてしまうこともあります。

そこで今回は、香水の4つの種類について詳しくご紹介します。

購入前にチェックして、シーンに合った使いわけをしましょう!

香水の4つの種類

香水とは、香料をアルコールで溶かした液体のことで、その香料濃度によって下記4つの種類があります。

濃度によって、香りの雰囲気・持続時間がちがうので購入前にチェックしましょう。

濃度持続時間香りシーン
オーデ・コロン2~5%1~2時間弱いオフィス
オード・トワレ5~10%3~5時間程よいオフィス
オード・パルファム10~15%5~12時間強いプライベート(デート)
パルファム15~30%5~12時間かなり強いプライベート(パーティー)

 

オーデ・コロン(濃度2~5%)

オーデ・コロンはやや薄めでふんわりと柔らかく香るタイプの香水です。
持続時間は1~2時間程度と短めで、気分転換や少し香りをつけたい時などに使用します。初めて香水をつけるという人にも挑戦しやすく、柔らかい香りなのでお風呂上りやオフィスなどでのシーンにおすすめです。

オード・トワレ(濃度5~10%)

オード・トワレはコロンより香りも持続時間も長いタイプの香水です。
持続時間は3~5時間程度とほんのり数時間香るので、香りが切れたら付け足して使用します。濃度が低く、ほんのり香るので日常使いやオフィスなどでのシーンにおすすめです。

オード・パルファム(濃度10~15%)

オード・パルファムのオード(オーデ)が「水」という意味でパルファムより濃度が低く、種類が豊富に揃っている香水です。
持続時間は5~12時間程度と長めで基本的にスプレータイプになります。強めに長時間香るのでプライベートやデートなどのシーンにおすすめです。

パルファム(濃度15~30%)

パルファムは最も濃度が高い、代表的な香水です。
持続時間は5~12時間程度と長めで基本的に液体タイプになります。販売されている種類も少ないので、高価なのが特徴です。かなり強めに長時間香るのでプライベートやパーティーなど特別な日におすすめです。