ヘアケア

馬油シャンプーのデメリットとメリットは?有名4種類を比較してみた!

馬油シャンプーのデメリットとメリットは?人気4種類を比較してみた!
馬油シャンプーはデメリットないの?どの馬油シャンプーがおすすめ?
馬油シャンプーのデメリットとメリットの解説と、オススメの馬油シャンプーを紹介します。

馬油シャンプーのデメリットとメリットは?

馬油シャンプー デメリット

馬油は、乱れた頭皮環境を整える「α-リノレン酸」や人間の体内では作り出せない「不飽和脂肪酸」を豊富に含んでいて、血行促進効果、抗酸化作用などがあります。

デメリット

  • 価格が高い
  • ベタつきやすい

メリット

  • 保湿効果がある
  • 老化を防ぐ効果がある
  • 頭皮環境を整える効果がある

馬油シャンプー有名4種類の比較

U-MAソンバーユアズマ商事熊野油脂
容量300ml400ml400ml600ml
価格3,520円1,780円1,782円573円
洗浄成分アミノ酸系石鹸系高級アルコール系高級アルコール系
オススメな人敏感肌
乾燥肌
ダメージヘア
脂性肌

馬油シャンプーで有名の4種類ですが、「U-MA」か「ソンバーユ」がおすすめです。

敏感肌、乾燥肌、ダメージヘアの人はアミノ酸系の洗浄成分を使っている「U-MA」かオススメ。

脂性肌の人は、さっぱり洗える石鹼系の洗浄成分を使っている「ソンバーユ」がオススメです。

高級アルコール系の洗浄成分を使っている「アズマ商事」と「熊野油脂」は洗浄力が高く、刺激も強いのでオススメしません。

U-MA

 容量・価格300ml:3,520円
 洗浄成分アミノ酸系

 

初めての方限定で1000ポイントプレゼント

U-MAシャンプー公式ページを見る▷ ※公式サイトなら30日間返金保証付き

U-MAシャンプーはアミノ酸系の洗浄成分です。

アミノ酸系の洗浄成分は、低刺激でマイルドな洗浄力なので敏感肌、乾燥肌、ダメージヘアの人にオススメです。

洗浄力が弱いので脂性肌の人や整髪料を付ける人には少しサッパリ感が物足りないかもしれません。

U-MAは、馬油以外にも、「保湿成分」「毛髪補修成分」「頭皮ケア成分」が配合されています。

力強い髪を育む「センブリエキス」「25種類の生薬」と、毛髪補修成分の「ケラチン」も配合されているので、髪と頭皮の両方のケアをすることができます。

【有効成分】
グリチルリチン酸2K

【その他の成分】
馬油、海藻エキス(1)、ラン抽出液、アスパラサスリネアリスエキス、dl-α-トコフェリルリン酸ナトリウム、加水分解ケラチン液、クララエキス(1)、センキュウエキス、トウキエキス(1)、センブリエキス、アロエエキス(2)、アルニカエキス、オドリコソウエキス、オランダカラシエキス、ゴボウエキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、マツエキス、ローズマリーエキス、ローマカミツレエキス、オトギリソウエキス、サボンソウエキス、セージエキス、トウキンセンカエキス、ホップエキス、レモンエキス、ニンジンエキス、ダイズエキス、黒砂糖エキス、ヒノキチオール、ツバキ油、L-バリン、L-ロイシン、L-イソロイシン、N-ヤシ油脂肪酸アシル-DL-アラニントリエタノールアミン液、N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸トリエタノールアミン液、ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、ラウロイルメチル-β-アラニンナトリウム液、1,3-ブチレングリコール、クエン酸、1,2-ペンタンジオール、塩化O-〔2-ヒドロキシ-3-(トリメチルアンモニオ)プロピル〕ヒドロキシエチルセルロース、3-メチル-1,3-ブタンジオール、テトラデセンスルホン酸ナトリウム液、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、ラウリン酸ジエタノールアミド、フェノキシエタノール、l-メントール、精製水

ソンバーユ

 

 容量・価格400ml:1,780円
 洗浄成分石鹼系

ソンバーユは石鹼系の洗浄成分です。

石鹼系の洗浄成分は、低刺激ですが洗浄力が強いので、脂性肌の人や整髪料を付ける人にオススメです。

しかし、脱脂力が高いので乾燥肌、乾燥毛、ダメージヘアの人は頭皮や髪が乾燥してしまうかもしれません。

ソンバーユは、「毛髪補修成分」や「頭皮ケア成分」なども配合されていません。保湿成分のみ配合のシンプルな馬油シャンプーです。

水(精製水)・カリ石ケン素地(馬油・ヤシ油・水・水酸化K・ピーナッツ油))・グリセリン(油脂に含まれる保湿成分)・塩化K(粘度調整成分)・コカミドDEA(粘度調整成分)・香料(柑橘系のやさしい香り)・クエン酸(ph調整成分)

アズマ商事

 

 容量・価格400ml:1,782円
 洗浄成分高級アルコール系

高級アルコール系の洗浄成分は洗浄力が高く刺激も強いので、あまりオススメしません。

毛髪補修成分は配合されていませんが「頭皮ケア成分」「保湿成分」は配合されています。

【有効成分】
グリチルリチン酸ジカリウム

【その他成分】
馬油、ホホバ油、1,3-ブチレングリコール、海藻エキス(1)、アロエエキス(1)、カワラヨモギエキス、シソエキス(1)、アルニカエキス、オドリコソウエキス、オランダカラシエキス、ゴボウエキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、マツエキス、ローズマリーエキス、ローマカミツレエキス、カラメル、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド(2)、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、デカメチルシクロペンタシロキサン、ラウリル硫酸TEA、塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース、ヤシ油脂肪酸アシルカルボキシエチルヒドロキシエチルエチレンジアミンNa、クエン酸、ラウリン酸ジエタノールアミド、パラベン、フェノキシエタノール、エデト酸塩、香料

熊野油脂

 

 容量・価格600ml:573円
 洗浄成分高級アルコール系

高級アルコール系の洗浄成分は洗浄力が高く刺激も強いので、あまりオススメしません。

「毛髪補修成分」や「頭皮ケア成分」なども配合されていません。保湿成分のみ配合のシンプルな馬油シャンプーです。

水、ラウレス硫酸Na、コカミドDEA、塩化Na、コカミドプロピルベタイン、馬油、ツバキ油、グリセリン、PG、ポリクオタニウム-10、EDTA-4Na、クエン酸、ヒアルロン酸Na、加水分解シルク、セチルPGヒドロキシエチルバルミタミド、アルギニン、変性アルコール、BG、安息香酸Na、香料 

 

馬油シャンプーはドンキホーテやドラッグストアで販売している

馬油シャンプーはドンキホーテやドラッグストアでも販売しています。

店舗によって取り扱いがない場合もあるので、ネット通販で購入するのがオススメです。

U-MAの取り扱い店」か「ソンバーユの取り扱い店

Q&A

馬油シャンプーは白髪にも効果ある?

馬油シャンプーには、血行促進効果、頭皮環境を整える効果があるので、白髪の予防になります。

しかし、シャンプーで劇的に白髪が改善することはありません。

馬油シャンプーはくせ毛にも効果ある?

馬油シャンプーは保湿効果が高いので、乾燥によるくせ毛を抑えることができます。

くせ毛のケアをしたい人は、くせ毛用のシャンプーを使う方がオススメです。

馬油シャンプーはアトピーでも使えますか?

高級アルコール系の馬油シャンプーはオススメしません。

アミノ酸系の「U-MA 馬油シャンプー」がオススメです。

馬油シャンプーは薄毛にも効果ある?

馬油シャンプーには、血行促進効果、頭皮環境を整える効果があるので、薄毛の予防になります。

力強い髪を育む「センブリエキス」「25種類の生薬」が配合されています。「U-MA 馬油シャンプー」がオススメです。

馬油シャンプーで抜け毛が増えた気がする

馬油シャンプーには、洗浄力が強い馬油シャンプーを使うと、頭皮環境が悪化して、抜け毛が増えることもあります。

力強い髪を育む「センブリエキス」「25種類の生薬」が配合されています。「U-MA 馬油シャンプー」がオススメです。

温泉に置いてある馬油シャンプーはどれですか?

アズマ商事の馬油シャンプーがよく温泉に置いてあります。

 

【まとめ】馬油シャンプーは「U-MA」が一番オススメ

初めての方限定で1000ポイントプレゼント

U-MAシャンプー公式ページを見る▷ ※公式サイトなら30日間返金保証付き

U-MAシャンプーはアミノ酸系の洗浄成分です。

アミノ酸系の洗浄成分は、低刺激でマイルドな洗浄力なので敏感肌、乾燥肌、ダメージヘアの人にオススメです。

洗浄力が弱いので脂性肌の人や整髪料を付ける人には少しサッパリ感が物足りないかもしれません。

U-MAは、馬油以外にも、力強い髪を育む「センブリエキス」「25種類の生薬」が配合されています。

また、毛髪補修成分の「ケラチン」も配合されているので、髪と頭皮の両方のケアをすることができます。