ヘアケア

デオコ シャンプーは女性用ですが男性でも使える?成分解析と口コミ調査してみた!

デオコ シャンプーは女性用ですが男性でも使える?成分解析と口コミ調査してみた!
デオコ シャンプーは女性用だけど男性でも使える?
デオコ シャンプーの成分と口コミを調査したので解説します。
低刺激
洗浄力
保湿力
ヘアケア
頭皮ケア
香り

デオコ シャンプーは女性用ですが男性でも使える?

デオコ シャンプーは女性用ですが男性でも使える?成分解析と口コミ調査してみた!

デオコ シャンプーは女性の加齢臭を抑え、若々しい女性の香りになれるシャンプーですが、男性でも問題なく使えます。

若い女性の体臭の「ラクトン」というピーチのような甘い香りを配合していますが、男性が使ってもいい香りになれます。

デオコ シャンプーの成分解析

デオコ シャンプーは女性用ですが男性でも使える?成分解析と口コミ調査してみた!
 容量・価格 350ml:1,400円
香り  スウィートフローラル

水、ラウレス硫酸Na、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドDEA、DPG、イソステアラミドプロピルベタイン、ラウリルヒドロキシスルタイン、カオリン(白泥)、炭、リン酸アスコルビルMg(ビタミンC誘導体)、ラウリン酸PG、PPG-3カプリリルエーテル、ポリクオタニウム-47、ココイル加水分解ケラチンK(羊毛)、ジステアリン酸グリコール、ポリクオタニウム-39、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、リン酸2Na、ポリクオタニウム-10、PG、o-シメン-5-オール、EDTA-2Na、クエン酸、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、安息香酸Na、(加水分解シルク/PGプロピルメチルシランジオール)クロスポリマー、メントール、イソステアリルアルコール、フェノキシエタノール、香料(ラクトン含有香料)

洗浄成分

  • ラウレス硫酸Na
  • オレフィン(C14-16)スルホン酸Na
  • イソステアラミドプロピルベタイン
  • ラウリルヒドロキシスルタイン

メインの洗浄成分に洗浄力が強く刺激ある「ラウレス硫酸Na」「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」が使われています。

加齢臭の原因でもある皮脂は落とせるかもしれませんが、敏感肌の人には刺激が強いです。

ダメージ毛や乾燥毛の人は、髪がパサついたり、ゴワついたりしやすくなるので注意しましょう。

頭皮ケア成分

  • カオリン(白泥)
  • クエン酸

カオリン(白泥)と炭でニオイの元となる汚れや皮脂を吸着し、加齢臭を抑えてくれます。

クエン酸は頭皮の毛穴や髪のキューティクルを引き締める効果があります。

ヘアケア成分

  • ココイル加水分解ケラチンK(羊毛)

ココイル加水分解ケラチンKは、髪や肌の主成分であるケラチン由来の高級洗浄成分で、洗いながら毛髪のダメージを補修する効果があります。

しかし、少量しか配合されていないので、あまり期待はできません。

 

デオコ シャンプーの口コミ

デオコ シャンプーの口コミ

男性がデオコ使ってもいい匂いになる

頭皮のニオイは抑えられたけど、若い女性の香りはしない

加齢臭は抑えられたけど、髪がパサパサなる

敏感肌だけど問題なかった

デオコ シャンプー 3つのデメリット

  1. 刺激が強い
  2. ヘアケア成分は少ない
  3. 少し価格が高い
  • 敏感肌の人
  • ダメージ毛の人
  • コスパ重視の人

 

デオコ シャンプー 3つのメリット

  1. 加齢臭を抑えられる
  2. いい香りになれる
  • 30歳以上の人
  • ヘアケアよりニオイケア重視の人
  • 加齢臭を抑えていい香りにしたい人

 

【まとめ】デオコ シャンプーは女性用ですが男性でも使えます

デオコ シャンプーは女性用ですが男性でも使える?成分解析と口コミ調査してみた!
低刺激
洗浄力
保湿力
ヘアケア
頭皮ケア
香り
  • 敏感肌の人
  • ダメージ毛の人
  • コスパ重視の人
  • 30歳以上の人
  • ヘアケアよりニオイケア重視の人
  • 加齢臭を抑えていい香りにしたい人